4点先制どこへやら

途中経過を見て、いいぞ!まだまだセ・リーグはカオスでいけ!と思っていたが、終わってみれば、「3強3弱」でかたまりつつある……。まあ実際はまだかたまってなんかいないけどね。

もうちょい頑張る。
今日もきょうとて、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. スーパーエリーバ
    Posted 2019年8月10日 at 09:36 | Permalink

    熱帯夜の寝苦しい夜を、さらに寝苦しくしてくれるタイガース。
    今年のタイガースの試合、もうストレスしかありません(笑)
    だからといって見ない訳にはいかないので困ったものです。

    記録に出るもの出ないもの、エラーの数が尋常ではありませんね。
    エラーというものは見ていて一番ストレス度の高いプレーではないでしょうか。
    童話の「北風と太陽」ではないですが、やはり守備を蔑ろにしたオーダーでは勝てないんだなと痛感しております。
    鳥谷に陰りが出始めた時に大和に抜けられたのは非常に痛かったですね。
    北條が順調に伸びててくれたらね~
    活躍しても次の年ダメになるという悪い伝統にすっかりハマっていますね(笑)

    さて今日は4番は近本でいきましょうか。
    現状なら彼が適任かと思います。
    最後に島田よ!あんたのセールスポイントはなんや!(笑)

  2. 虎轍
    Posted 2019年8月10日 at 09:48 | Permalink

    昨日は京セラドームに現地観戦でした。
    4点を先制した時に勝てると思ってしまいました。
    すんませんm(__)m
    まさか高橋遥人があんなに崩れるとは…
    記録に残らないミスで併殺を取れなかったのがアカンかったんやろなぁ…
    大山はちゃんとしたれよ!
    前回に続きメヒアにホームランを打たれましたが、メヒアの10打点の内、満塁にスリーランで7打点献上ねぇ…
    タイガースの捕手は外角一辺倒やから踏み込まれて打たれるんよ。
    インコースを攻めてみろよ!
    ベンチから外角一辺倒やった藤井から指示が出とるんか?
    外角一辺倒ってわかってたら、プロは打ちよるぞ!

    ハマチはまだ鰤にならんか?
    ええ球を投げてるんやがなぁ…
    小さなミスも大きなミスも失点に繋がっとるからなぁ…

    とりあえずタイガースの選手は全体的にはちゃんとしろ!
    勝ちたい気持ちを魅せろ!
    勝ちにいけ!
    負けるな!
    覇気を出して勝つんだ!タイガース!

    • 虎轍
      Posted 2019年8月10日 at 12:51 | Permalink

      気になって調べ直したら、前回満塁ホームランを打たれたのはバティスタでしたね。
      メヒアに打たれたと思ってました。
      すんませんm(__)m

  3. こうさん
    Posted 2019年8月10日 at 10:09 | Permalink

    読売の岡本が右へ2本のホームラン。大山が「やりたい」のは、あれなのか?けど右へ打とうとしている大山からは「4番の怖さ」が感じられないんだよなぁ。引っ張りきって初めて右じゃないのか?筒香も左へホームラン。…うーん。

    7点差をひっくり返した読売。4点差をひっくり返されたタイガース。もう「ファンに申し訳ない」という言葉を隠れ蓑にしないで弱さを認めよう。そして「来季は、これとこれとこれを強化する‼️」と強く明言してほしい。今すぐに。「まだまだ諦めていない」…なら、やってることがバラバラだよ。「メッセと藤浪と能見で70勝」…誰も先発にいなくなった今、どうしたら先発の柱を作れるのか…いや、作るのか。本気で考えてくれ。本気の守備練習をさせてくれ。プロのレベルにある野手を育ててくれ。ソラーテの「どこでも守れる」という触れ込み…「どこも中途半端」が正しい。

    楽しく野球をやりたいなら苦しい練習を乗り越えてくれ。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年8月10日 at 10:58 | Permalink

    どうせシーズン諦めるなら徹底的に弱点あぶり出して、来シーズンの強化ポイントを明確にすべし。
    現時点で顕在化した問題点
    ・内野手の失策連鎖
    ・速い球が打てない
    ・左腕投手も打てない
    ・新顔投手も打てない
    ・終末期投手も打てない
    ・好調が持続できない先発投手
    ・やたら捕手に打たれ過ぎるリード
    ・クリーンナップが何番なのか不明な打線
    ・相変わらずチャンスがピンチのバッター
    ・ベテラン選手のかげり
    ・すっとこどっこいな助っ人陣
    ・感想は述べても的確なアドバイスができない打撃コーチ
    ・その他もろもろ

    克服には最低4、5年かかるか・・・

  5. yalkeys
    Posted 2019年8月10日 at 11:07 | Permalink

    何かと比較される大山と岡本ですが、岡本にはとにもかくにも実績があり、大山には確たる実績がありません。昨日は途中からのテレビ観戦でしたが、大山のジャッグルでの併殺未達、9回浜地の2塁悪送球からの大量失点など情けないの一言です。更に糸井の途中退場、病院直行など・・。
    来季は首脳陣の総入れ替えを、真剣に検討すべきではないでしょうか?今季の成績などどうでもいいです。来季に希望が持てるチームになって貰いたい・・。ただそれだけです。

  6. 西田辺
    Posted 2019年8月10日 at 11:21 | Permalink

    三回までは良い感じで投げてたのにねぇ。
    西川にスライダーを拾われてから崩れ落ちた。
    前回もそうだけど、突如ガタガタっと崩れますね。
    西川からバティスタまで変化球を狙われたのは、原口も
    反省ですね。
    メヒアの一発はえげつない。
    まぁ遥人もまだまだ修正能力が身に付いてないんでしょうね。
    それにしても、記録にはつかないけど守備のミスが点に
    結び付きますねぇ。
    一々取り上げませんが、やっぱりやれる事をやれない
    チームは勝てないという事です。
    4点先制したから、少々のミスはなんて思っていると
    昨日のような野球の神様に怒られる展開になる。
    まだ気の早い話ですが、この秋のキャンプでは、守備練習
    だけやっても良いんじゃないでしょうか。
    こんなダダ漏れのザル守備では、勝てる試合をいくつ
    落とすか分かったもんじゃありません。
    攻守共に未熟なチームなんですから、鍛えるしかないでしょ。
    自主性を重んじるのもわるくないですけど、チーム全体で
    底上げするべき事はまだまだ山積みですよ。

  7. 設楽文男
    Posted 2019年8月10日 at 12:06 | Permalink

    今シーズンワースト5位内に入る酷い試合。アマチュア野球より酷い試合でした。日刊スポーツ吉田義男、サンケイスポーツ田尾安志が言っている事に全て集約されている。私は普通のチームになれるには相当な時間が掛かる事を覚悟しなければならないはと思っている。先ずフロント改革、名門とは但、古いだけではなくそれなりの栄光の歴史が無ければ名門とは言えない。私はタイガースを応援して70年になるがその間優勝はたった5回、その間スターと呼ばれる選手もそれなりに、排出していたが、この数年そう呼ばれるような選手はいない。先ずサラリーマン化しているフロントスタッフ、を真のプロ集団に変える、オーナーが自分自身含めてその気持ちになれるか。でないとファンに対して全くの裏切り行為である。ただ商売になれば良いと思っているなら球団経営の資格など無い。

  8. タクロー
    Posted 2019年8月10日 at 12:07 | Permalink

    惨憺たる結末。指揮官の責任を問う。

    あまりに惨めな結末だった。一夜限りの好采配も吹っ飛んだ。勝負勘がなさすぎるこの指揮官で良いのか。経験を積めば勝負師になれる器なのか。
    最低のフィナーレだった。3回終了時点で4-0。遥人は一人のランナーも出さない好投。それがなんで5-11でゲームセットになったのか。2回、マルテから始まる攻撃で打線が繋った。近本が犠牲フライを打ち上げ2点目が入る。糸原四球で2死満塁。まあこれで終わっても仕方ないか、とりあえ2点目が入って御の字か、と思った。唯一の3割打者糸井がやってくれた。さらに追加の2点タイムリー。正直今日は何点取るのか、と思った。
    暗転。糸井が盗塁を試みた。ノリノリだったのか。リクエストのアウト、セーフはどうでもよい。糸井が立ち上がれない。やってもた。案の定、次の回監督が選手交代を告げる。「ライト糸井に代わりましてシマダ。3番ライトシマダ」。ハア?何で島田だったのか?高山をライトに回してレフト福留とちゃうの?想定外の非常時やから休養予定だったかもしれないが福留出ろよ。無理ならスタメン外れたソラーテ、レフトいけよ、と思った。けれどベンチの出した答えは島田だった。
    4回表。遥人が急に連打を浴びる。先頭の西川に初ヒット。菊池につながれ、次打者に2球目をタイムリー。あっと言う間に点を取られた。一呼吸おいて鈴木を3ゴロに打ち取りゲッツーや、ハア?希望的観測に過ぎず、大山がまたやらかした。松山三振の時、ダブルスチールをかまされ2点。ここで落ち着きゃ良かったのに会沢に繋がれてメヒアとかいう輩にホームランを浴びて何と逆転される始末。その後投手交代させなかった理由は打席が回らなかったから、なのか全くわからぬが、遥人を7回まで投げさせる。ハア?
    1点差の8回に出てきたのは守屋。もう1点もやれない場面。勝ちにいく!というよりリードされているからとりあえず守屋だったのか。監督が育って欲しいと思って守屋だったのか?先頭にいきなり四球。悪いパターン。原口ファンブルででランナー2塁。続く鈴木にきっちりタイムリー。ハア?その後も攻められ続ける。申告敬遠した後のヒットを打たれるわでヒヤヒヤ。何とか相手の打ち損じ救われて2点差で8回の攻撃に移る。
    3番に入った島田がバカにするな!と左中間のツーベース。すまぬ。そして監督期待の大山、あえなく三振。ため息。マルテがツーベースで島田を還して1点差。ミスを取り返せ!原口!捕手の仕事で疲れ切ったのか、あえなく三振。仕方ない、1点差で9回に賭けよう!しっかり守って!という意気込みを萎えさせてしまう「守屋に代わりまして浜地」のコール。ハア?何で勝ちパターンの投手を出さないのか!絶対落としたらあかんゲームだとベンチは思わなかったのか。早い回に4点リードで、糸井が負傷退場したゲームやのに。何も感じないのか、それを選手起用で示せないのか!ガッカリの2乗ですわ。昨夜の采配は罪。絶対勝ちに行くぞ!と選手を鼓舞できない指揮官の罪。糸井が立ち上がれないとき真っ先に駆けつけることや、ポテンヒットに一緒になって喜ぶのが指揮官の仕事じゃないだろう。彼は勝負師の器ではないと強く感じた。京セラの夜。
    怒りの投稿失礼しました。今夜は気分転換。花園に神戸製鋼コベルコスティーラーズ の優勝を見届けに行ってまいります。

    • Akira28
      Posted 2019年8月10日 at 15:19 | Permalink

      タクロー様、
      全くその通りです。私の言いたいこと全部言って下さいました。
      この数試合、矢野監督のコメントと采配があまりにちぐはぐで、勝つ気の無い采配にもかかわらず、「こんな負け方では、観に来てくれるファンの皆さんに申し訳ない。俺たちは勝たねばならない。(趣意)」などとは空いた口が塞がりません。

  9. 岩国の虎
    Posted 2019年8月10日 at 12:27 | Permalink

    矢野監督の作戦には光るものが見出せない
     投手の継投、攻撃時の采配(代打、スクイズ、エンドラン等々)
     相手の嫌がる作戦が出来ていない
      ➡7回の攻撃 何で代打鳥谷・・・長打見込めるソラーテ
     全選手を平等に競わせていない 
     若手は叱るが、ベテラン(鳥谷、糸井、福留)には注意出来ない

    今日のスポーツ新聞、阪神幹部渡米、大物新助っ人の視察
    のニュースがでているが、阪神の国際部スカウト強化が急務
    米駐在スカウト(シーツ、ウイリアムス)の見直し必要

    阪神首脳陣が本気で改革を進めれば、3年で優勝出来るチームに
    生まれ変われる ・・・星野監督は2年で変えた
      頑張れ頑張れ頑張れ、阪神タイガース!

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2019年8月10日 at 12:34 | Permalink

    好調の糸井が抹消となると、ロードが終わる頃には終戦となってしまいますね。
    ソラーテがレフトに入って、高山がライトに回ると思いましたが、島田が出場。
    来季に切り替えですかね。

  11. ぴゅあらっく
    Posted 2019年8月10日 at 14:25 | Permalink

    夏休みを利用して昨日から大阪に来ています。昨夜も現地観戦でしたが、夏休み初日から酷い試合を目にしてしまいました(-_-;)。
    糸井の盗塁、二死後の場面でトライする必要もなかった気がします。アウトになった上に本人も負傷退場で踏んだり蹴ったりでした。
    糸井の代わりに福留を起用しないのも謎ですよね。スポーツ紙にはその点を突っ込む記事が無いんですが、監督の采配に疑問を呈してはいけない報道協定でもあるんですかね(笑)。
    メヒアに打たれたホームランも勿体無かったです。バッテリーは二死を取っていたので勝負を焦ったのかも知れませんが、次の三次と天秤にかけてメヒアと勝負して欲しかったです。メヒアを歩かせて満塁にしても三次に長打を打たれる確率は低かったと思います。
    試合後に緊急ミーティングを行い矢野監督は「プロなら結果を示そう」と言ったそうですが、昨年の秋季キャンプから今年の春季キャンプ、オープン戦までに結果を示せるようなチーム作りを球団としてやって来たのかと問いたいです。
    今のチームを見て、今年の秋季練習、秋季キャンプで自由練習なんて寝惚けたことはやらないで欲しいですね。血反吐を吐くまで守備練習をやらせて下さい(笑)。
    今夜も懲りずに京セラドームに行ってきます。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">